Windows Live Mail 2012 から Outlook への移行手順 (Migrating Windows Live Mail 2012 to Outlook 2013)


Windows_Live_Mail 年末年始の休みを利用して、不安定な Windows Live Mail から渋々有料の Outlook にメールソフトの乗換を行ってます。メールの本文だけでなく、アカウント設定も移行できるかと思いきや、ネットを調べるといとも簡単に移行できると言わんばかりに簡単な説明しかみつまりません。

microsoft-outlook-2013Windows Live Mail で複数のメールアカウントのメールを使って、なおかついろいろなフォルダーにメールを分類している環境では、すんなり移行できるはずがないのですが、この手順についてネットに記載されているのが見つからなかったので、自分のメモとして残しておくためにも、ブログに書いておきます。同じ悩みを抱えている方々に少しでも参考になれば。

Windows Live Mail 2012(WLM) から Outlook 2013(OL) への移行の準備

このブログを見る前に、皆さんネット上でメール環境の移行についてすでに検索されていると思いますが、どのサイトも箇条書き程度のいたってカンタンな手順しか記載されていません。ホントにそんなに簡単に移行できるの?と思われた方は、正しい。そんな甘くはありません。以前のようにメールソフトが勢力争いをしていた頃とは大きく様変わりしていて、今やメールソフトもオープンソースないし無償のものを使うのが当たり前。無料のソフトのサポートに力を入れるメーカーなんていませんよね。。。

愚痴をこぼしていてもメールは移行できないので話を進めます。

ネットで検索すると、マイクロソフトのサポートサイトを含め、移行手順の最初はまず OL を立ち上げておくことになっています。その後 WLM を立ち上げるのですが、なぜこの順番なのか説明はほとんどないですね。WLM から OL にメールを Export する時、OL がサポートしているメールAPI を介して WLMから OL のフォルダーに直接メールを Export します。で、このメールAPIは OL を起動しておかないと使うことができないため、WLM を起動する前に OL を起動しておく必要があります。

OL に WLM のメールを移行する場合、OL にデフォルトのプロファイルが存在しないとメールを移行できないので、WLM からメールを移行する前に OL を起動して一通りセットアップをしておく必要があります。

WLM から OL へのメールの移行

WLM から OL にメールを Exportする場合、ある程度メールの数が多いと途中で処理が止まることがしばしばです。WLM からメールを Export するWLM - Message Export時、まずは「すべてのフォルダー」を選択して、自動で移行できるところまで移行します。WLM のメールの移行処理は途中で終了してもエラー等何も表示されないことが多いので、WLM のメールの Export の処理が終わったら、OL のデフォルトのフォルダーに WLM から Export したフォルダーが全部あるか、またそれぞれのフォルダーにちゃんとメールがコピーされているかどうか確認する必要があります。

移行の処理が途中で終了している場合は、WLM の Export のメニューで「すべてのフォルダー」ではなく「選択されたフォルダー」を選び、移行されていないフォルダーを指定して移行します。この時複数のフォルダーを選択する場合には CTRLキーと SHIFTキーが使えますので、いくつかのフォルダーを小まめに選択しながら Export を繰り返すことをお勧めします。

WLM から OL に Exportされたフォルダーはすべて OL のデフォルトのプロファイルの中に作成されます。もし複数のメールアカウント(GMail や Hotmail なども含め) を使っている場合には、メールアカウントごとに OL のデータファイルを分けるとメールファイルを整理しやすいと思います。OL のファイル メニューにある「アカウント設定」を開くと「データファイル」というタグがあると思いますので、ここでメールアドレスごとにメールを保存するファイル(.pst) を作成し、OL のフォルダー一覧でデフォルトのフォルダー内に作成された移行したいフォルダーを地道に、今作成したデータファイルのフォルダに移動していきます。

WLM から電子メールアカウントの設定情報の移行はマニュアルで…

以前の Outlook は WLM のアカウント情報を Import してくれたと思うのですが、どうも最近の Outlook はその機能を提供してくれていないようなので、WLM で使っていたメールアカウントの情報は一つ一つ OL に作成する必要があるようです。WLM などのメールソフトはメールアカウントの情報を .iaf(Internet Account File) というファイルに Export することができ、以前の Outlook (ネットで調べたところ Outlook 2010までだったらしい) はこのファイルを読み込むことができましたが、それ以降はサポートされていないようです…

メールアカウントのパスワードって一旦プロファイルに設定してしまったら再度入力することってほとんどないので、覚えていない場合が多く、メールサーバーにアクセスするためのパスワードを再設定するのに大分苦労しました。(^ ^;

今後無償のメールソフトっていつサポートがされなくなるかわからないし、トラブった時のサポートは保証されないので、早いうちにしっかりとしたメールソフトに移行しておくのがいいと思います。