レンタルで普及期に入る米国の電子書籍ビジネス。


昨日は立冬。あっという間に秋が過ぎて冬の足音が聞こえてきます。まだ秋を満喫できてないなぁ。今月中旬を過ぎないと落ち着かない。でもってどうも先週から風邪っぽくて、昨日から体が痛い。。。(- -;▼

さて、米国では図書館が電子書籍の貸し出しをすでに始めていてちょっとした話題 (問題) になってますが、米アマゾンが Kindle で電子書籍のレンタルを開始するとの発表がありました。基本的に nook 向けのレンタルと同じ機能を提供。▽

米国での電子書籍、すでに普及期に入った感があります。紙の書籍と同等のサービスが提供されることで、利用者も著作者も双方にメリットがあると思います。レンタルして気に入った書籍は紙でも電子版でも購入すればいいし、電子書籍普及の大きな一歩。さて今年末から本格的に登場する日本での電子書籍機器とサービス、楽しみです。