映像・動画のネット配信のビジネスモデル@TV Summit。


週末は久しぶりに海へ。湿度も低くお昼近くになっても富士山が見えたのはこの時期では初めてかも。安定した南南西の風でとてもさわやか。ただお昼過ぎからは風が上がってきたので早めにマリーナに戻りました。さわやかに楽しめるのも梅雨までの短い期間かと思われるので、うまく時間を調整しなければ。。。▼

さて、ちょっと前に米国の映像・動画のネット配信に関して興味深い記事がありました (“ネット配信動画のビジネス・モデルがまだ見えていない」,米大手テレビ局の幹部”、日経BP)。ケーブルTV が普及している米国特有の問題と一言では片付けられない悩ましい問題。この記事を読んで思ったのは、既存のビジネスモデルにこだわっていては未来は見えてこないということ。しかし米国では手のひらを返したような展開もよくある話なので、今後の動きには注目。ちなみに日本国内のメジャーな動画配信サービスはこちら。▽

映像・動画のネット配信が注目されるようになってもうしばらく経ちますが、いまだにビジネスモデルが確立していません。これだけ注目されているのに不思議に思えるかも知れませんが、実は映像・動画配信だけでなく、ケータイをターゲットにしたビジネスなども今一つビジネスモデルが確立できていません。利権の問題、ユーザー インターフェースの問題、ユーザー シナリオの問題などそれぞれ理由は異なりますが、新しい技術をどう応用するか、もう一段階ブレークスルーが必要と考えています。このような状況を湖にいる白鳥に例えることがあります。見た目は美しいですが、水面下では脚を動かしていなければ餌にありつけない、つまり生きていけない。月並みではありますが、鍵は利用者ですね。どんなに素晴らしい技術であっても使われなくては何の意味もない。

まだサクセスモデルが見えない映像配信ビジネス。


今朝は上着がないと外に出るのが寒く感じました。あんなに暑かった夏も過ぎてみるとあっという間に秋から冬に。秋は一番好きな季節なのでじっくり楽しみたいけれど、毎年この季節は忙しい。(- -; 今週の水曜日はあいにく曇りの予報ですが、雲が切れれば十三夜の月が楽しめます。そして週末にかけてハレーすい星を母体とするオリオン座流星群がピークを迎えます。オリオン座流星群は明るく安定した数の流星群が楽しめるのが特徴。今週末は満月なのが残念ですが、それでも見つけやすいオリオン座の腕のあたりが放射点なので、オリオン座の周りを 20分~30分見上げてみてください。週末は月見とオリオン座流星群をまとめて楽しみましょー(^o^)/▼

さて、先日の AppleTV の発表に合わせて日経に日本国内の映像配信ビジネスに関する記事が掲載されました。この記事を読むと、日本だけでなく海外でもまだ映像配信サービスの方向性が明確でないことがわかります。様々なサービスが乱立している状態で、まだ過渡期と考えることができるかと。まずは八方美人ではなく、最も得意とするサービス内容に特化していくことが今後の成長 (生き残り?) のカギでしょうか。3年後、5年後を見据えてサービスを考えないと、特効薬はまだないのでは。