動き始めたIVS技術促進協議会に期待。


今まで PASMO を中心に使っていたのですが、来週から JR の定期を使う必要があることから Suica に切り替えざるを得なく、週末に JR窓口に定期を買いに行かなきゃなと思っていたら、モバイル Suica を持っていればケータイで定期って購入できるんですね。知りませんでした。モバイル Suica はもっぱら成田空港から帰ってくる時の成田エクスプレスのチケット購入にしか使っていなかったのですが、窓口に行かずに定期を購入できるのは便利!私鉄各線の連絡定期も購入できると。今更ながら便利だ。(^ ^;▼

さて、皆さんパソコンやケータイで日本語が表示されることを不思議に思うことは少ないですよね。しかしもし自分の名前が漢字で正しく表示されなかったらいい気持ちはしませんし、社会インフラとして問題ですね。パソコンを含む電子機器では文字コードに対応した文字を画面に表示しているワケですが、問題はそれらの電子機器において表示できる文字に限界があること。その中でも「外字」の扱いは機器やシステムによって互換性がないことが大きな問題ですが、Unicode をベースとした IVS 規格を利用したインフラの構築が進んでいます。規格は決まってもそれを運用していくための仕組み作りが定着するかどうかのカギですね。