ドコモマーケットに期待。


最近注目度の上がっているクーポン共同購入サービスで立て続けにレストランのチケットを購入。期限が設定されているので消費に追われてます。(^ ^; 手頃な価格で新しいお店を開拓できるかなと期待してますが、クーポンを見せるとお店の方が料理を持ってくる度に「写真、撮る?」を連発。普段はこちらから「写真、撮ってもいいですか?」と聞いてから写真を撮らせていただいているのでなんか違和感を感じますが、お店からすれば宣伝と考えての価格設定でしょうからしかたがないか。今のところ成果は新宿五丁目のダイニングバー「オセロ」か。ここは飲み物よし、食べ物よしの貴重な新宿のお店。▼

さて、ドコモが 12月6日に iモード向けドコモマーケットを開始。iアプリに加えて書籍や楽曲配信も。ドコモマーケットの最大の特徴は企業だけでなく個人でもアプリの販売が可能なこと。事前登録が必要ですが免許証のコピーを提出すれば IDがもらえます。▽

すでに配信インフラはしっかりしているので、既存の 5,000万人を超える iモード ユーザーにいかに魅力的なマーケットプレース サービスを提供できるか。質の高いコンテンツをそれぞれのユーザーのテイストにあったプロモーションが展開できるかがカギでしょう。個人的にも期待してます。

ドコモの進化が問われるドコモマーケット。


すっきりとしない空模様が続いて、もうコタツが恋しい。。。そんな中、今朝羽田空港の国際線旅客ターミナルがオープンしました。都内からタクシー飛ばせば 30分かからない距離と 24時間運用はとっても魅力的。落ち着いたらターミナルに遊びに行ってみようっと。▼

DocomoMarketさて、12月からドコモが iアプリを販売・配信するドコモマーケットを開始。ユーザーによるリビューも投稿でき、さらにアプリ購入でドコモポイントももらえる魅力的なサービスになりそう。iアプリは個人でも販売が可能で、無料の iアプリも配信するとのこと。しかしケータイをターゲットにしている以上、マーケットプレースとしては小さな画面での表示にかなりの制限あり。▽

ちょっと前のドコモでは考えられなかった、個人が開発した iアプリをドコモが配信・販売。iPhone の影響はエコシステムを変えてしまいました。率直にすごいと思います。今後の課題はマーケットプレースをケータイ画面からパソコンなどでも検索・購入できる仕組みに展開していけるかという点と、iアプリ以外のコンテンツやスマートフォン向けマーケットプレースとの共存ですね。

緊急地震警報の鳴らないミーティング。


昨日夕方の緊急地震警報、いきなり自分のケータイがビーッビーッ鳴り始めてびっくりしました。さらにびっくりしたのは、ミーティングやってたんですが鳴ったケータイは自分のケータイだけ。後で聞いたらソフトバンクのケータイは緊急地震警報が鳴らなかったのだとか。つまり社内のミーティングでドコモのケータイの利用者は自分だけ?! まぁドコモのスマフォも鳴らなかったので一概には言えませんが。(^ ^; しかし緊急地震警報のメッセージ、一度消してしまうと後から見られないのが不便。いきなりビーッビーッ鳴り始めてビックリして止めようとしてメッセージを消すと、何のメッセージだったのかわからず。。。▽

今朝は記事のスクラップをしているはてながメンテナンス中なので、WordPress に移行後 2回目の書き込みは以上。m(_ _)m 明日から 10月だ… (-o-;