「うちエコモニター」で電力の「見える化」に挑戦!


またまた大変ご無沙汰してしまいました。なんか四半期に一度のブログ書き込みになりそう (ToT)。。。

さて、環境省が進めている「うちエコモニター」に応募し、先月末に届いた HEMS 機器を今日やっと設置しました。▽

DVC00798今回入手したのは(株)ユナイテッドコミュニケーションサービスが販売する Z-Waveベースの @touch シリーズ。電力センサー 1つではつまらないので、分電盤に取り付けるクランプ型パワーモニターを一つと、コンセント型の電力センサー 3つに、LAN接続機能を持った Z-Wave のコントローラ一つ。左の写真では上から Z-Wave コントローラゲートウェイ (UCSC-2000)、コンセント型のエコスイッチ (UCSS-8310)、そして一番下がクランプ型パワーモニター (UCSS-8300)。Z-Wave のコントローラはほとんどが基盤なので軽く、ポータブル CDプレーヤー程度の大きさ。配電盤の電力モニターは、この写真からでは分かり難いかも知れませんが、配電盤内の電源ケーブルをクランプの輪の中を通す感じです。これらのデバイスは手元に届いた時にはすでにペアリングしてあり、個別に Z-Wave のコントローラに登録などの手順は必要ありませんでした。▽

DVC00787さて、設置で一番苦労したのはやっぱり配電盤。配電盤のパネルの中はスペースが限られており、硬い電源ケーブルにクランプを取り付けるのは一苦労。うちは単層でも 3線式だったので、赤いケーブルと黒いケーブルにクランプを 2つ設置。右の写真は配電盤のパネルを外してクランプを設置したところですが、ゴツいクランプをどこに付けても配電盤の表のパネルは閉まりませんでした。。。結局配電盤のパネルは上側だけ固定し、半分開きの状態でよしとしました。いいのか、こんなんで (- -;…▽

さて、とりあえず配電盤の作業は終わったので、残りの 3つの電力センサーに何をつなぐか考えた末、比較的消費電力の大きいものにつなぐことにしました。まずはテレビ番組などの録画に使っているメディアセンターPC ( Core i7 クアッドコア + NVIDIA GeForce GTX) と、パナソニックのプラズマ TV (TV-P58V1)、そして常に稼働している冷蔵庫 (三菱 450L) に決定。DVC00782ここで大きな問題が。。。コンセント型の電力センサーの接続部がゴツくてデカい。左の写真で 3ピンのプラグにグレーの接地アダプタが付いているのがわかるでしょうか?このプラグ、とても大きいので電源タップに挿してしまうと隣に何も挿せません。。。こりゃ日本市場向けじゃないですね。まぁなんとか工夫してそれぞれ設置完了。一応大きなトラブルもなく電力センサーをそれぞれの電化製品に接続完了。▽

CG 0-トップ 初期立ち上げ次はサービス側の設定。まずは Z-Wave のコントローラの設定ですが、このコントローラ、UPnP 対応なので、コントローラを LAN ケーブルで自宅のブロードバンドルーターにつなぐだけで、Windows パソコン上のエクスプローラでネットワークを開くと自動的にアイコンが表示されます。これは便利。コントローラのアイコンをクリックするだけでブラウザが立ち上がりコントローラのトップページが表示されます。トップメニューには「機器制御」、「パワーメーター」、「監視」と「設定」があります。基本的にこの Z-Wave のコントローラはホームネットワーク内でのみ制御 (電源のオン/オフ) ができるようになっています。しかし電力のオン/オフのできる電力センサーを冷蔵庫につなぐのは危険。設置中に何度か勝手ににオン/オフしてしまい、妻から厳しく指導を受けました。。。▽

CG 2-パワーメーター 初日まだ設置して数時間なので電力のグラフ表示などまだあまりデータ量がありませんが、グラフ表示はとってもアメリカンなデザイン。日本語もところどころヘンです。(^ ^; まだそれぞれの電力センサーの名前など変更してませんが、パソコンやテレビのついた状態で、うちはトータルで 1,000W を超えてます (^ ^;… 多分一般家庭よりも消費電力は多いとは思います。最大電流や電圧がゼロ表示のままなので、まだ何か設定がまずいのか、あるいは Z-Wave (900MHz帯) でコントローラからの距離が遠すぎるのか。。。▽

CG 4-設定 01全般的な設定 初期立ち上げZ-Wave のコントローラの設定はほとんどいじっていないので、明日にでも調べてみるつもりです。同梱されていたマニュアルでは設定項目のそれぞれの説明がなく、どう設定するのかネットで調べないと分かりません。SMTP や電子メールの設定、トリガー設定などの設定項目があるので、ちゃんと設定すればいろいろできそうな雰囲気。しかしマニュアル、貧弱。。。▽

smarttouch.jp 0-トップもう一つまだ設定が終わっていないのが “スマートタッチ” と呼ばれる Web サービス。どうも Z-Wave コントローラのデータを Webサービスで蓄積・管理するためのサービスらしい。月 500円取るのだから、データの蓄積だけでなくいろいろできるのだろうと期待してますが、どうなることやら。。。リアルタイムでデータを収集するというよりは、日ごとや月ごとといった、比較的長い期間のデータを表示してくれるもののようです。まだ今日が初日なので何も表示されないので、明日が楽しみです。▽

smarttouch.jp 3-マップ気になるのは 3つめのメニューの “マップ”。これって多分スマートタッチの利用者のロケーションだと想像してます。なんだか英国の “Pachube” のサービスに似てます。つまり利用者がデータを公開していると、他の人とデータを比べたりすることができるのかな。▽

とにかく、今日は鈴鹿で F1 があるのでここまで。次回のブログの書き込みが 3か月後にならないことを祈りつつ。。。