WiDi: コードレスでモニター接続。魅力的だけど。。。


皆さんはゴールデンウィーク、どう過ごされたでしょうか?今日は立夏 (太陽黄経45゚)、旧暦では 4月4日「夏の立つがゆへなり」。暦上は初夏とのことですが、今朝はちょっと肌寒いですね。でも涼しくてすごいやすい。僕は人混みは嫌いなのでゴールデンウィーク中は人が少なく車も少ない都内を楽しんでます。Let’s Enjoy Tokyo のスーパー銭湯特集に刺激され、近所の銭湯巡りを楽しんでます。まだ 1カ所残っているので、そこに行ったらブログにまとめようと思ってます。(^ ^)v▼

さて、最近対応製品が増えてきた WiDi ワイヤレス・ディスプレイ接続。パソコンとテレビ・モニターを 802.11n で接続。ただし著作権保護には対応していないため、地デジや Blu-ray などの映像は表示できません (WiDi 2.0)。VGA や HDMI ケーブルが必要ないのは確かに魅力的ですが、無線であるがために 500m秒から 1秒程度の映像表示の遅延はあるし、冷静に考えると用途はかなり制限されるのでは?文字入力していてこれだけの遅延があったら恐らく使い物にならないし、ゲームにも使えないでしょう。かといってテレパソのテレビ接続に使おうとしても著作権保護に対応していないから使えない。ん~、現時点では自分にはあまり利用価値は高くないですね。著作権保護に対応できたら考えます。m(_ _)m

もっと自分の健康管理に気を使ってもいいのでは?


ゴールデンウィークも中盤を過ぎ、4月以降ドタバタしていましたが自分の生活のリズムがやっと戻りつつあるという感じ。ゴールデンウィークは民族大移動を避けて都内にいることが多いです。都内は車も少なく、静かで排ガスも少ない。特に今年はヘンな海外からの旅行者も少ない。(^ ^; ということで、今年のゴールデンウィークのテーマは近所の銭湯巡り。▼

さて、先日 (2011年2月) に健康管理関連の業界団体コンティニュア・ヘルス・アライアンスと無線 LAN の業界団体 Wi-Fi アライアンスがパーソナル・ヘルスケアに向けた機器やサービスに対して無線LAN の採用を促進していくことで合意したと発表 (ContinuaとWi-Fi Alliance,ヘルスケア機器への無線LAN採用促進で合意、日経エレクトロニクス)。今後の健康機器やフィットネス機器の相互運用性アップに期待。▽

独立していた家庭内の電子機器がネットワーク化されることで、利用者にとって便利になると同時に新たな付加価値が生まれると思います。例えば毎日手書きでメモしていた体重や体脂肪、血圧といった情報が入浴後洗面台の前に立つだけで自動的に記録され、最近の傾向が分析することも可能だし、ケータイに搭載されている万歩計の情報と組み合わせることでその日の運動量とのバランスも分析できる。この分野、楽しみです。▽

コンティニュア・ヘルス・アライアンスは国内では NPO法人で、インテルが地域委員会の代表。国内ではインテル、パナソニック、富士通、東芝、日立ソフトウェアエンジニアリング、オムロンヘルスケア、タニタ、A&D などが参加。

今年も春は大忙し。


大分ご無沙汰してしまいました。前回の書き込みからほぼひと月。。。今月から職場が変わり、まだ自分の生活パターンというかリズムが確立できていないため、以前のように出勤前にブログを書く時間 (心の余裕?) がまだありません。しかしひと月してやっと新しい職場にも馴染みつつあるという実感も出てきたので、もうしばらくすれば自分のリズムができてくると思います。▽

職場や仕事の内容についてブログに書くことは相応しくないと思うのでここに書くことは今後控えたいと思いますが、今日だけはこのひと月で感じたことをメモしておこうかと思います。少なくとも現時点では、驚きも多々ありましたが新しい環境・状況に満足しているというか、楽しい!一番の刺激は現場のメンバーのエンジニアとしての純粋さ。とにかく一人一人のモノを創りたいという気持ちの強さと自分たちの創っているモノの自信はすごい。これは僕にとってものすごい刺激で、それが楽しい。ただ全員が必ずしも同じ方向を向いているのではないので、ぶつかることもあれば違う次元にいってしまっているようなケースも。(^ ^; これがまとめられればマジで不可能を可能にできてしまうと思わせてくれます。▽

もう一点驚きというかショックだったのは、自分がこの 20年関わってきた基本ソフトウェアの仕組みの実社会での現実。WindowsNT の立ち上げ当初から Active Directory をはじめとするワークグループや組織内での認証の仕組みは推し進めていたつもりでしたが、実社会ではまだ使われていないケースもあることを知りました。マルチ OS 環境での問題はもう 10年も前に解決していたと思っていたのに導入されていないケースもあるんですね。。。シングル サインイン、ネットワーク内でのアクセス コントロールなどなど、今までが夢のような気持ちにさえなります。現実は厳しい。。。(T T)▽

とにかく、自分の判断は間違っていなかったと実感する今日この頃。以前の職場は 7月に会計年度が変わるため毎年ゴールデンウィークは来期計画と予算交渉でドタバタしていましたが、今後はその悩みからは解放されそうです。今年は職場が変わったことでゴールデンウィーク中にキャッチアップしなければならないことがたくさんありますが、新しいことを理解するために費やすことはまったく苦になりません。あ、ゴールデンウィーク中にもう一つやらなければならないことを思い出した。情報通信エンジニアの更新研究課題、今やっておかないと 5月末にレポート提出できない!工事担任者の努力義務ですからね。(^ ^;▽

さて、ゴールデンウィーク明けには「組込みシステム開発技術展(ESEC)」(東京ビッグサイト) もありますので、来場される方はぜひうちのブース (Smart Living) にもお立ち寄りください。m(_ _)m

京セラ、家庭内の電力情報をパソコンで。


3月末でドコモのケータイから gooからだログに歩数情報をアップする「からだログ ウェルネスアプリ」サービスが終了しました。毎日使っていた機能なので残念。。。今後は Web から手入力しなきゃ。家庭内の電子機器、早くネットワーク化したい。。。▽

さて、京セラのエコノナビットがパソコンとデータ共有が可能に。発電や消費、売電などの電力量を試算する機能などを提供。パソコンやクラウドを利用したデータ共有、さらにそのデータ分析といった機能の普及に期待。家庭内の課題は様々な通信形態 (マルチネットワーク) を束ねるゲートウェイ機能か。

PayPal – 日本市場でも安全性の高いEC決済サービス。


今日から 4月。心機一転、シャキッといくゾ!と思いきや、パソコンを立ち上げたらメディアセンターがチャンネル情報がないと不調。。。季節の変わり目によく不調になるんですよね。(- -; おかげで今朝は余計な時間がかかってしまいました。放送という意味では、今日から NHK BS 放送が BS1 と BSプレミアムの 2チャンネル構成に。今まではもう一つ BS2 があり 3チャンネルありましたが、2チャンネルにすることで内容の充実に期待。▽

そして今日から上野の動物園で 2頭のパンダ「リーリー(力力)」と「シンシン(真真)」が一般公開!ということで、気を取り直していざ出勤!▼

PayPalさて、ここ数年日本市場でも勢いのある PayPal。きっかけは昨年 4月の資金決済法の施行。パートナーとしてもイーコンテクストをはじめソフトバンク系やペイメント ゲートウェイなどと提携。▽

米国のサイトで買い物をする時にクレジットカード情報を入力したくなかったので、PayPal はとても重宝してました。昨年後半に東急ハンズの通販サイトが PayPal 利用のキャンペーンをやってましたね。今後は日本でのスマートフォン向け決済サービスに多いに期待。

コミュニティサイトでの児童被害、出会い系の5倍。


しばらく休暇をとっていたため、ブログの書き込みが久しぶりになってしまいました。3月11日(金) に起きた大震災。日本のみならず世界の歴史に大きく刻まれる災害となり、被災された方々だけでなくこの小さな島国に住む一人としてできることは行動を起こすことだと思います。電力が足らないと悲しむのではなく、0.1W でも身の回りの電力を削減することで電力を必要としている医療機関や被災地で活動している人たちに提供することができます。「ちりも積もれば山となる」。コンシューマー製品の開発に携わっている身で機器をコンセントから抜いてくださいと言うのは非常に辛いですが、身の回りにこれだけ電気製品があるとそれらの電気製品をコンセントにつないでおくだけで少なからず待機電力を消費するという事実。使っている電気製品をコンセントから抜きなさいとは言いません。せめて週に一度も使わない電気製品はコンセントから抜いておくべきでしょう。普段使っている電気製品でもコンセントに挿しておく必要のないものもあります。例えばケータイやモバイル機器の充電器。充電していない時もコンセントに挿しっぱなしになってませんか?パソコンのモニター、時計機能がなければ使っていない時にコンセントから抜いても機能的に問題ないですよね?▽

また、行動を起こさないことで精神的に被災された方々を支える手助けもできます。今朝の日経新聞に「花見宴会は控えて、上野公園や井の頭公園に看板」という記事が掲載されていました。この記事の中でニューヨーク・タイムズの指摘を紹介していますが、日本人の考え方はアメリカ人には理解できないでしょうね。日本人としての感性を大切にしたいものです。▼

さて、先月の情報で古くて恐縮ですが、日経オンラインに「コミュニティサイトでの児童被害が過去最高、出会い系の 5倍に」という記事が出ていました。ここで「コミュニティサイト」とはソーシャルネットワークやオンラインゲームなどを指します。日本のコミュニティサイトは海外のものと若干違いはあります。海外のコミュニティサイトでは実名を含む個人情報を自ら公開していますので、日本でいう出会い系サイトと情報量という意味では限りなく同じです。日本のコミュニティサイトではそこまで個人情報を公開する仕組みにはなっていないものの、「友だち」という形で出会い系と同じサービスを提供していることには違いありません。以上のことを踏まえると、この日経オンラインの記事の内容は現実を正確に捉えていると思います。▽

決定的な解決策がないのが現状ですが、それでも今できることはいくつかあると思います。まずはサービス提供者が個人認証の仕組みを厳密に行うこと。登録した利用者が匿名やハンドル名で書き込みや他の利用者とのコミュニケーションを行うことは利用者の自由ですが、その利用者を特定するための情報はサービス提供者が確実に管理すること。これも言うのは簡単ですが、個人を特定するための情報をどう確認するのか、サービス提供者側の課題は大きいです。そんな中、ケータイやモバイル通信を利用する端末が広く普及してきており、通信回線の利用者ID や端末ID を使った個人認証ができるようになってきているのはいい傾向です。▽

しかしサービス提供者側だけでなく利用者の意識も変えていく必要があると思います。匿名だから言いたいことが言えるというある種無責任な発言と、実名による書き込みに対する嫌がらせという両極端の懸念がありますが、利用者がサービスを正しく理解し利用することでかなりの部分でこれらの問題を回避することができると思います。自分の情報が他の利用者からどう見えているのか、そのサービスからサインアウトして自分で確認するだけで必要以上の個人情報を公開していないかどうか確認できますね。▽

結局大切なのは日々変化するコンシューマーサービスのバランス感覚だと思います。日本市場で展開する海外のサービス。日本人のバランス感覚をどこまで対応できるかで親しみやすさに大きく影響すると思います。▼

最後になりましたが、明日、4月から新たな挑戦をするために卒業します。長年に渡り公私共々支えてくださった皆様、今後もどうぞよろしくお願いします。新たな挑戦の内容に関しては、明日以降徐々にこのブログや twitter などで共有させていただきたいと思っています。まだまだやりたいことがたくさんあります!

日本対応を取り込んだEPUB3のドラフト版公開。


肌寒い連休明け。会社は今日から通常業務に。それでも計画停電は業務や生活に大きな影響を与えてますね。電力不足は数週間あるいは数か月と長期化すると思われますので、節電に努めるだけでなく、うまく対応していく方法を見つけたいものです。業務上消費電力が大きいのは心が痛みます。。。▼

さて、気を取り直して。海外でデファクトになりつつある電子書籍フォーマットの EPUB。その次期バージョン EPUB3 のドラフト版が公開されました。日本人から見た EPUB3 の最大の魅力は、縦書きやルビなど日本特有の組版がサポートされること。EPUB3 が決まれば電子書籍の普及がさらに弾みがつくと思います。大いに期待してしまいますね。EPUB3 は HTML5 をベースにしているため、日本特有の組版のサポートだけでなく、動画や音楽などのサポートも含まれます。EPUB3 の最終仕様は今年の夏にも完成する見通し。今年の年末商戦が楽しみです。