Simplicity: 人為的ミスによるシステム障害を防ぐ。


ゴールデンウィーク、終わりました!休みボケしてませんか?一歩一歩足場を固めながら進んでいきたいものです。10周年を迎えた(株)ユビキタスは今週後半から東京ビッグサイトで行われる組込みシステム開発技術展 (ESEC) に出展しますので乞うご期待!▼

さて、3月の震災直後に発生したみずほ銀行のオンラインシステム障害。はやり原因は人為的なミス。オンライン系のシステム障害のほとんどは人為的なものですね。今流行りの言葉で言えば「設計時の想定外の処理」によりシステムに例外処理が発生してしまうというもの。人為的なミスを誘発してしまった設計にも問題があると思うので、そういう意味では設計上の問題と言えないこともないですが。。。システム設計の基本は昔から変わっていません: Simple is the Best。処理を複雑にしないことがミスを防ぎ、問題が発生した時の対応も迅速に行えます。アインシュタインも言ってます: Everything Should be Made as Simple as possible, but Not Simpler.

FlashLinq–Qualcommの基地局を介在しないP2P通信。


3月3日は桃の節句。うちの実家は男の兄弟だけだったので、僕には桃の節句の記憶がありません。桃の節句にちらし寿司を食べるのを知ったのは結構最近。(^ ^; ここ数年は毎年この時期に出張が入り、ちらし寿司を食べる機会がなかったのですが、今年からはちらし寿司!なんか嬉しい。▼

さて、先月スペインのバルセロナで行われた MWC2011 において Qualcomm が基地局を介在しない P2P通信技術 FlashLinq をデモ。最大 1km をカバーし数千台規模の端末の通信が可能とのこと。技術的には興味深いけれど、通信事業者は基地局を介在しなくて嬉しいのかな。基地局を介在しないということはその通信に対して課金もできないのでは?Wi-Fi との切り分けなど、通信事業者にメリットが少ないと普及も難しい。

一日使えるNECのモバイルルーターWM3500R。


今年から自分のブログの内容の幅を広げようと思ってます。今までは基本的に平日の朝出勤前に書いていましたが、それに加えて週末などプライベートも書いてみようかなと。あまり期待せずにお楽しみに(?) (^ ^;…▼

さて最近人気のあるモバイルルーター。WiMAX やケータイの通信回線を Wi-Fi でモバイル機器で共有するもの。課題はバッテリーの持ち時間でした。そんな中、NEC から 8時間使える WiMAX モバイルルーターが登場!通信が使われていない時には自動的に電源を切る省電力モードもあり、使い勝手よさそう。タブレットやモバイル機器を複数使っている人には朗報。

通信事業者は付加価値を提供するチャンス。


オフィスの引っ越し第一波として昨日から新しいオフィス。明るくて機能的で概ねお気に入り。課題はカフェテリア。昨日は初日ということもあり、メニューも手順もバラバラ。昨日の状態ではカフェテリアというよりもちょっとしたスナックが提供されているという感じ。値段も量もイマイチ。今後の改善に期待。▽

新しいオフィスではマグネットやフックなど何かと小物が必要になりますが、昨日の帰りに見つけたのは五反田駅すぐの 100円ショップ。今日の帰りに寄ってみようかな。▼

さて、欧州の通信事業者が増大するデータ通信によるネットワーク改善費用をコンテンツ プロバイダーに負担させようという話が相変わらず出ています (「コンテンツ事業者は応分のネットワーク費用負担を–欧州の通信各社が主張」)。どこまで本気で検討されてるかわかりませんが、これは本末転倒。通信事業に特化している以上、通信品質は最大の価値であるはず。他の通信事業者も負担に思っているのであれば、逆に今がシェアを拡大するチャンス。通信事業者であっても利用者に付加価値を提供できなければ淘汰されていくのは必至。▽

日本の通信事業者は欧州を参考に何が付加価値となるのかを検討して欲しい。コンテンツがなければ通信の需要もないのだから。ましてや日本国内のバックボーンはスカスカだし。(^ ^;

ドコモケータイをRFIDリーダーに。


遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。今年の正月は自宅でゆっくり (呑んだくれ?) できました。心身ともにリフレッシュできました。正月の間はあえて今年の抱負は考えないようにしていたので、これから考えたいと思います。

年末の大掃除で手が荒れて指紋認証でログインできない!ちゃんと薄手の手袋して掃除しないといけないという教訓に。。。(- -;▼

さて、ドコモのケータイが RFIDリーダーになります (おサイフケータイをICタグの読み取り機に、NTTドコモが新アプリ提供)。iアプリを起動しないと読み込めないので手間はかかるものの、提供できる情報の豊富さなど面白い展開になりそう。

待望の 8時間連続通信モバイルルーター。


今年も残すところ 10日余り。ということで、明日から早めの年末年始のお休みに入ります。今年は仕事は辛い状況が続きましたが、プライベートでは成果の多い一年でした。さて来年は何にチャレンジしようか。年末年始のお休みの間に考えます。▽

で、明日は冬至。一年で最も夜が長い日です。夜が長いということは星空を見られる時間が長いということ。明日以降はこの時間が徐々に短くなってしまうのは残念。。。でもそれも半年の我慢。明日はゆず湯にでも浸かって師走の疲れを癒しましょう!▼

さて、最近モバイルルーターが話題になってますが、そんな中待望の 8時間連続通信が可能なモバイル WiMAX ルーターが NECから登場。これは買いですね。でもその前にどのタブレットを買うか決めなきゃ。(^ ^; Happy Holidays, Everyone!

NORAD Santa Tracker

Wi-Fi Direct の認証開始。広がれ WPS!


録画してあった F1 ブラジル グランプリ、昨夜視聴。久しぶりにドライバーのワールドチャンピオン決定が今週末の最終戦に!アロンソ、ウェバー、ベッテル、ハミルトンにまだチャンスがあるってすごい。誰がワールドチャンピオンになってもおかしくないけれど、個人的にはレッドブルのウェバーかベッテルに勝ってもらいたい。今週末のレースが楽しみ!▼

さて、Wi-Fi Alliance が Wi-Fi Direct の認証を開始。魅力は Wi-Fi Protected Setup (WPS)。この標準化が進むことで、無線LAN の接続がより簡単なおかつ安全に。パソコンだけでなく様々な Wi-Fi デバイスに普及して欲しいものです。

単なる放送から通信へのシフトではない。


今週はオリオン座流星群が見頃を迎えていますが、この流星群の母体であるハレーすい星も今見頃です。夜空が見えれば東北東の低めの空に見えるはずです。夜空を見上げる時、天体望遠鏡を使う人が多いと思いますが、僕は対空用双眼鏡。望遠鏡は基本的に片目で見ますが、双眼鏡なら両目で見れるためよく見えるし望遠鏡よりも広いエリアを見られるので疲れ方が全然違います。特定の天体を撮影するのでなければ天体望遠鏡は必要ですが、天体イベントを楽しむのなら双眼鏡がお勧めです。▼

さて、先日 CNET に「Google TVの可能性」という記事が掲載されていました。英文の和訳なので若干読みづらいですが、2ページ目で映像配信について面白い見方をしています。この部分に関して共感を覚えます。個人的には Google TV そのものにはあまり興味がありませんが、Google が Google TV でやろうとしていることには強い刺激を受けます。▽

単なる放送から通信への移行という言葉では表せない大きなパラダイムシフトが起こりつつあります。

サービス障害はまず被害者を増やさないこと。


今日は旧暦で寒露、9月に入りました。暦上ではもう冬鳥が渡ってくる、冬の気配が感じられる頃なんですが、今年はまだ秋まっただ中。太陽はすでに秋分点を超えているので、日がどんどん短くなりますね。そして今はりゅう座方向のジャコビニ流星群が見頃。突発的に流星群が発生するのが特徴なので、見え始めたら “つぶやいて” ください。(^ ^;▼

最近オンライン サービスで事故が多発してます。先日 CNETにリスク事例が掲載されていました。運営する側としては外的な要因はできるだけ排除したいものですが、気が付かない「水漏れ」も多いので、日々の対策と同じくらい事故が発生した場合の対応手順を決めておくことが重要。基本はまず被害を受ける利用者を広げないこと。そのためにはサービス停止もやむを得ないでしょう。原因もわからずにシステムの再立ち上げを行うと、取り返しのつかない状態になることも。ひと頃「トリアージ」という言葉が一般的にも知られるようになりましたが、経験と知恵と勇気 (度胸?) が試されます。

ベリサイン、クラウド型OTP認証サービスをリモートアクセスにも。


夏休みで十分充電したつもりが、復帰後の一週間で完全放電状態?! まいった。。。今日が金曜日で正直ホッとしてます。今週末は現実逃避するか。(^ ^;▼

11月からベリサインが企業内ネットワークのリモートアクセス向けクラウド型ワンタイムパスワード認証サービスを開始するとのこと。OATHに準拠しており、対象デバイスもパソコンだけでなくスマートフォンも。クラウド型のシステム構成の柔軟性を加速させる魅力的なサービス。ベリサインだからこそできるサービスですね。既存のオンプレミスの構成からの移行は大変かも知れませんが、これからクラウドの導入を検討しているシステムには大きな効果が期待できるかと。