PayPal – 日本市場でも安全性の高いEC決済サービス。


今日から 4月。心機一転、シャキッといくゾ!と思いきや、パソコンを立ち上げたらメディアセンターがチャンネル情報がないと不調。。。季節の変わり目によく不調になるんですよね。(- -; おかげで今朝は余計な時間がかかってしまいました。放送という意味では、今日から NHK BS 放送が BS1 と BSプレミアムの 2チャンネル構成に。今まではもう一つ BS2 があり 3チャンネルありましたが、2チャンネルにすることで内容の充実に期待。▽

そして今日から上野の動物園で 2頭のパンダ「リーリー(力力)」と「シンシン(真真)」が一般公開!ということで、気を取り直していざ出勤!▼

PayPalさて、ここ数年日本市場でも勢いのある PayPal。きっかけは昨年 4月の資金決済法の施行。パートナーとしてもイーコンテクストをはじめソフトバンク系やペイメント ゲートウェイなどと提携。▽

米国のサイトで買い物をする時にクレジットカード情報を入力したくなかったので、PayPal はとても重宝してました。昨年後半に東急ハンズの通販サイトが PayPal 利用のキャンペーンをやってましたね。今後は日本でのスマートフォン向け決済サービスに多いに期待。

コミュニティサイトでの児童被害、出会い系の5倍。


しばらく休暇をとっていたため、ブログの書き込みが久しぶりになってしまいました。3月11日(金) に起きた大震災。日本のみならず世界の歴史に大きく刻まれる災害となり、被災された方々だけでなくこの小さな島国に住む一人としてできることは行動を起こすことだと思います。電力が足らないと悲しむのではなく、0.1W でも身の回りの電力を削減することで電力を必要としている医療機関や被災地で活動している人たちに提供することができます。「ちりも積もれば山となる」。コンシューマー製品の開発に携わっている身で機器をコンセントから抜いてくださいと言うのは非常に辛いですが、身の回りにこれだけ電気製品があるとそれらの電気製品をコンセントにつないでおくだけで少なからず待機電力を消費するという事実。使っている電気製品をコンセントから抜きなさいとは言いません。せめて週に一度も使わない電気製品はコンセントから抜いておくべきでしょう。普段使っている電気製品でもコンセントに挿しておく必要のないものもあります。例えばケータイやモバイル機器の充電器。充電していない時もコンセントに挿しっぱなしになってませんか?パソコンのモニター、時計機能がなければ使っていない時にコンセントから抜いても機能的に問題ないですよね?▽

また、行動を起こさないことで精神的に被災された方々を支える手助けもできます。今朝の日経新聞に「花見宴会は控えて、上野公園や井の頭公園に看板」という記事が掲載されていました。この記事の中でニューヨーク・タイムズの指摘を紹介していますが、日本人の考え方はアメリカ人には理解できないでしょうね。日本人としての感性を大切にしたいものです。▼

さて、先月の情報で古くて恐縮ですが、日経オンラインに「コミュニティサイトでの児童被害が過去最高、出会い系の 5倍に」という記事が出ていました。ここで「コミュニティサイト」とはソーシャルネットワークやオンラインゲームなどを指します。日本のコミュニティサイトは海外のものと若干違いはあります。海外のコミュニティサイトでは実名を含む個人情報を自ら公開していますので、日本でいう出会い系サイトと情報量という意味では限りなく同じです。日本のコミュニティサイトではそこまで個人情報を公開する仕組みにはなっていないものの、「友だち」という形で出会い系と同じサービスを提供していることには違いありません。以上のことを踏まえると、この日経オンラインの記事の内容は現実を正確に捉えていると思います。▽

決定的な解決策がないのが現状ですが、それでも今できることはいくつかあると思います。まずはサービス提供者が個人認証の仕組みを厳密に行うこと。登録した利用者が匿名やハンドル名で書き込みや他の利用者とのコミュニケーションを行うことは利用者の自由ですが、その利用者を特定するための情報はサービス提供者が確実に管理すること。これも言うのは簡単ですが、個人を特定するための情報をどう確認するのか、サービス提供者側の課題は大きいです。そんな中、ケータイやモバイル通信を利用する端末が広く普及してきており、通信回線の利用者ID や端末ID を使った個人認証ができるようになってきているのはいい傾向です。▽

しかしサービス提供者側だけでなく利用者の意識も変えていく必要があると思います。匿名だから言いたいことが言えるというある種無責任な発言と、実名による書き込みに対する嫌がらせという両極端の懸念がありますが、利用者がサービスを正しく理解し利用することでかなりの部分でこれらの問題を回避することができると思います。自分の情報が他の利用者からどう見えているのか、そのサービスからサインアウトして自分で確認するだけで必要以上の個人情報を公開していないかどうか確認できますね。▽

結局大切なのは日々変化するコンシューマーサービスのバランス感覚だと思います。日本市場で展開する海外のサービス。日本人のバランス感覚をどこまで対応できるかで親しみやすさに大きく影響すると思います。▼

最後になりましたが、明日、4月から新たな挑戦をするために卒業します。長年に渡り公私共々支えてくださった皆様、今後もどうぞよろしくお願いします。新たな挑戦の内容に関しては、明日以降徐々にこのブログや twitter などで共有させていただきたいと思っています。まだまだやりたいことがたくさんあります!

日本対応を取り込んだEPUB3のドラフト版公開。


肌寒い連休明け。会社は今日から通常業務に。それでも計画停電は業務や生活に大きな影響を与えてますね。電力不足は数週間あるいは数か月と長期化すると思われますので、節電に努めるだけでなく、うまく対応していく方法を見つけたいものです。業務上消費電力が大きいのは心が痛みます。。。▼

さて、気を取り直して。海外でデファクトになりつつある電子書籍フォーマットの EPUB。その次期バージョン EPUB3 のドラフト版が公開されました。日本人から見た EPUB3 の最大の魅力は、縦書きやルビなど日本特有の組版がサポートされること。EPUB3 が決まれば電子書籍の普及がさらに弾みがつくと思います。大いに期待してしまいますね。EPUB3 は HTML5 をベースにしているため、日本特有の組版のサポートだけでなく、動画や音楽などのサポートも含まれます。EPUB3 の最終仕様は今年の夏にも完成する見通し。今年の年末商戦が楽しみです。

書き込んだブログが消えます – Windows Live Spaces、3月16日(水)にサービス終了。


WL WP今週 Windows Live チームからサービス終了のお知らせが届きました。昨年後半のアナウンスから半年近くかけてのサービス終了。一旦スタートしたサービスを終了するのは大変な仕事です。新しくサービスを立ち上げるのと同等かそれ以上の労力と精神力が必要になります。ちなみにお知らせによると、3月16日以降は “スペースのコンテンツにアクセスできなくなりますので、それまでに移行の手続きをお取りください。” とのこと。よって終了するまでに気になる Windows Live Spaces 上のブログは手動でダウンロードしておかないとなくなってしまいます。自分のブログは WordPress に移行してますが、師匠のブログなどはダウンロードしておかないと。▽

しかし WordPress に移行してみてその機能の豊富さには満足してます。自分は WordPress に移行して自信を持って使えるようになるまで 2, 3か月かかりましたが。(^ ^; 書き込むツールは Windows Live Writer を使ってます。オフラインで書けるし、Windows Live Sync など使えば自宅のパソコン以外でも書いて保存しておけるので重宝してます。▽

しかしこれで Windows Live を利用する機会は確実に減りますね。残念。。。

P2P通信における経由プロバイダの責任と自動車産業。


昨日の東京は記録的に乾燥していたようで、10%台まで下がったようです。東京で 10%台なんて初めて聞きました。以前飛行機内がどれくらい乾燥しているか知りたくてデジタル湿度計を持って乗ったことがありますが、飛行機の機内に匹敵する乾燥状態。火の元もお肌も気を付けたいですね。▼

さて、相変わらず P2Pソフトを使って意図的、無意識に関わらず違法なデータがインターネット上でばら撒かれています。インターネット関係の仕事をしている身としては心外ですが、そのようなデータの配信ルートとなるプロバイダの責任範囲が微妙 (「プロバイダ責任制限法の範囲 「経由プロバイダ」に開示義務はあるか」)。この問題は自動車産業と似ていると思います。車を販売する企業には製造者としての責任はあります。欠陥によって事故が発生すればそれは製造会社に責任があると思いますが、運転をする人の無謀な運転のために事故が起きた場合のその車の製造者の責任は問われないと思います。インターネットの世界は手に取って見えないデータを扱うため分かりにくいとは思いますが、利用者のモラルを改善していきたいものです。

モバイルSuica決済で利用シナリオを充実するNHKオンデマンド。


先週の土曜日に ISS補給機の HTV「こうのとり」が種子島宇宙センターから打ち上げられました。もうすぐ ISS に到着しますが、場所によっては夜空に HTV を見ることができます。HTV の軌道は NASA のページで。▼

さて NHKオンデマンド (NOD) がモバイルSuica での決済を開始。春にはインターネット経由での Suica決済にも対応予定。支払方法が増えることは便利だけれど、利用者が観たいと思った作品をモバイルでいつでも購入、モバイルですぐに視聴できたり帰宅したらすぐに視聴できるようになることがサービス利用の壁を超えるチャンスに。NOD の今後のサービス展開に期待。

Twitter利用しない大学生6割。


オフィスが京王線沿線から離れるなんて夢にも思わずに今日まできましたが来週から現実となります。2月から社名も変わるし複雑な心境。ここしばらく転職していないですが転職ってこんな気持ちだったかなと思いつつ引っ越しの準備をしてきました。でも転職と根本的に異なるのは、新しいオフィスのレイアウトなど自分の部署の設計ができたこと。一応電気工事士や電気通信工事担任者の資格を持っているので電源容量の確保や業務上必要となる会社のネットワークとは別の一般ブロードバンド回線の取り回しなど、結構楽しめました。(^ ^; 引っ越し、手間はかかるけれど身の回りの整理もできるし精神的にもプラスと思います。さて今日が代田橋に出社する最終日。「立つ鳥あとを濁さず」。長年お世話になったこのオフィス、このエリアに感謝。▼

さて、つぶやきに代表される Twitter。いまや一つの情報チャンネルになっていると認識していますが、ところがデジタル世代の今の大学生、Twitter にあまり興味を持っていないようですね。実はこのデータを見る前から自分の周りの大学生からも同じようなことを聞いていたのでそれほど驚きはしなかったもののそれが裏付けされた形。特にしばられる感じがイヤらしいですね。その反面 mixi は友達同士でよく利用するとのこと。そういう意味では、デジタル世代、どっぷりデジタルに浸かっているのではなく、ある程度距離をもったうまい付き合い方を身に着けているようです。