Windows Live Mail 2012 から Outlook への移行手順 (Migrating Windows Live Mail 2012 to Outlook 2013)


Windows_Live_Mail 年末年始の休みを利用して、不安定な Windows Live Mail から渋々有料の Outlook にメールソフトの乗換を行ってます。メールの本文だけでなく、アカウント設定も移行できるかと思いきや、ネットを調べるといとも簡単に移行できると言わんばかりに簡単な説明しかみつまりません。

microsoft-outlook-2013Windows Live Mail で複数のメールアカウントのメールを使って、なおかついろいろなフォルダーにメールを分類している環境では、すんなり移行できるはずがないのですが、この手順についてネットに記載されているのが見つからなかったので、自分のメモとして残しておくためにも、ブログに書いておきます。同じ悩みを抱えている方々に少しでも参考になれば。

Windows Live Mail 2012(WLM) から Outlook 2013(OL) への移行の準備

このブログを見る前に、皆さんネット上でメール環境の移行についてすでに検索されていると思いますが、どのサイトも箇条書き程度のいたってカンタンな手順しか記載されていません。ホントにそんなに簡単に移行できるの?と思われた方は、正しい。そんな甘くはありません。以前のようにメールソフトが勢力争いをしていた頃とは大きく様変わりしていて、今やメールソフトもオープンソースないし無償のものを使うのが当たり前。無料のソフトのサポートに力を入れるメーカーなんていませんよね。。。

愚痴をこぼしていてもメールは移行できないので話を進めます。

ネットで検索すると、マイクロソフトのサポートサイトを含め、移行手順の最初はまず OL を立ち上げておくことになっています。その後 WLM を立ち上げるのですが、なぜこの順番なのか説明はほとんどないですね。WLM から OL にメールを Export する時、OL がサポートしているメールAPI を介して WLMから OL のフォルダーに直接メールを Export します。で、このメールAPIは OL を起動しておかないと使うことができないため、WLM を起動する前に OL を起動しておく必要があります。

OL に WLM のメールを移行する場合、OL にデフォルトのプロファイルが存在しないとメールを移行できないので、WLM からメールを移行する前に OL を起動して一通りセットアップをしておく必要があります。

WLM から OL へのメールの移行

WLM から OL にメールを Exportする場合、ある程度メールの数が多いと途中で処理が止まることがしばしばです。WLM からメールを Export するWLM - Message Export時、まずは「すべてのフォルダー」を選択して、自動で移行できるところまで移行します。WLM のメールの移行処理は途中で終了してもエラー等何も表示されないことが多いので、WLM のメールの Export の処理が終わったら、OL のデフォルトのフォルダーに WLM から Export したフォルダーが全部あるか、またそれぞれのフォルダーにちゃんとメールがコピーされているかどうか確認する必要があります。

移行の処理が途中で終了している場合は、WLM の Export のメニューで「すべてのフォルダー」ではなく「選択されたフォルダー」を選び、移行されていないフォルダーを指定して移行します。この時複数のフォルダーを選択する場合には CTRLキーと SHIFTキーが使えますので、いくつかのフォルダーを小まめに選択しながら Export を繰り返すことをお勧めします。

WLM から OL に Exportされたフォルダーはすべて OL のデフォルトのプロファイルの中に作成されます。もし複数のメールアカウント(GMail や Hotmail なども含め) を使っている場合には、メールアカウントごとに OL のデータファイルを分けるとメールファイルを整理しやすいと思います。OL のファイル メニューにある「アカウント設定」を開くと「データファイル」というタグがあると思いますので、ここでメールアドレスごとにメールを保存するファイル(.pst) を作成し、OL のフォルダー一覧でデフォルトのフォルダー内に作成された移行したいフォルダーを地道に、今作成したデータファイルのフォルダに移動していきます。

WLM から電子メールアカウントの設定情報の移行はマニュアルで…

以前の Outlook は WLM のアカウント情報を Import してくれたと思うのですが、どうも最近の Outlook はその機能を提供してくれていないようなので、WLM で使っていたメールアカウントの情報は一つ一つ OL に作成する必要があるようです。WLM などのメールソフトはメールアカウントの情報を .iaf(Internet Account File) というファイルに Export することができ、以前の Outlook (ネットで調べたところ Outlook 2010までだったらしい) はこのファイルを読み込むことができましたが、それ以降はサポートされていないようです…

メールアカウントのパスワードって一旦プロファイルに設定してしまったら再度入力することってほとんどないので、覚えていない場合が多く、メールサーバーにアクセスするためのパスワードを再設定するのに大分苦労しました。(^ ^;

今後無償のメールソフトっていつサポートがされなくなるかわからないし、トラブった時のサポートは保証されないので、早いうちにしっかりとしたメールソフトに移行しておくのがいいと思います。

HDD⇒SDD交換で4年前のノートパソコンが爆速パソコンに!


自宅のパソコンはすでに Windows8 + SSD環境なのですが、仕事で使っているパソコンは 4年前に使い始めたパナソニックの CF-S10(Windows7)。今までもディスクのデフラグは毎週、Windowsのレジストリも定期的にリビルドしてきたので、パソコンとしての動作環境に大きな不満はありませんでした。が、さすがに 4年も経つと HDDの I/O待ちが頻発して、パソコンの起動も遅いし、アプリの起動にも待たされるようになったので、思い切って(?) HDD を SSDに交換しました。

何を今更… とおっしゃる方も多いと思いますが、SSDが出始めた頃は Windows システムのドライブを交換するのってとても大変だったし、一筋縄ではいかなかったので、その記憶が今も残っていたため今まで SSDへの交換をためらってました。

が、結論から言うと、とんでもなく簡単に SDDに移行できてしまいました。ただ、ネットの書き込みを見ると、ライセンス管理を厳密に行っているソフトは HDDを交換すると認証の問題で起動しなくなるものがあるらしいです。とりあえず自分の業務用のノートパソコンは MSオフィス等のアプリが中心なので、今のところ特に問題は出ていません。

HDDを SSDに交換した効果は絶大で、今まで Windowsの起動やスリープからの復帰に待たされていた時間が嘘のようです。HDDの I/O で待たされると感じる人は、SSDに交換すべきですね。

ここからは HDD⇒SSDへの交換方法について。自分のノートパソコンは 500GBの HDDで、Windowsも含めて実際に使っている量は 120GB強。なので、SSD は HDDよりも容量の小さい 256GBで十分と判断しました。ネットで調べたところ、東芝製の 256GB SSD が 3万円ちょっとだったので、ネットで注文。翌日には手元に届きました。オフィスはヨドバシカメラの近くなので、ヨドバシに買いに行ってもいいんですが、翌日に届くのならヨドバシでなくてもいいかな、と。

さて、今回の HDD⇒SSDはメディアのサイズが小さくなるため、前回書いた Network NASの HDD交換の時のように裸族のディスクコピーは使えません。が HDDのクローンをカンタンに作れるソフトがありました。今回は「EaseUS Todo Backup Free」というソフトを窓の社から入手しました。このソフト、HDDをクローンするのに必要な機能をすべて持っていて、今回のようなサイズダウンする場合には、クローン作成時にソース側のディスクの必要最小限のサイズを計算してくれて、ターゲットの SSDサイズに合うようにクローンしてくれます。一番嬉しいのは、Windowsが起動しているドライブをクローンしてくれること。昔は一旦パソコンから取り出してクローンしなければならなかったのに、便利になったものです。。。実際には 256GBの SSDを USBでパソコンにつなぎ、EaseUS Todo Backup を起動します。するとソースとなる HDDがどれか、ターゲットの HDD/SSDはどれかを聞いてくるので、ソースには今 Windowsが起動しているドライブC が含まれる 500GBのドライブを指定し、ターゲットには USB経由で外付けでつないだ 256GB SSDを指定して、「実行」ボタンを押すだけ。オプションとして SSD用にオプティマイズする機能があるので、これもオンにしておきます。今回は USB2.0 で 256GB SSD をつないだので、クローン作製に 3時間かかりましたが、その間は待つだけなので、今日はその間に歯医者の定期検査に行ってきました。(^ ^;

CF-S10 HDD取り外し あっさりと HDDのクローンが作成できてしまって少々拍子抜け状態ですが、いつもトラブルのはここから。実際にクローンした SSDを付け替えるだけで Windowsが立ち上がるのか。。。まず CF-S10をひっくり返してバッテリーを外し、細いドライバでネジを 2か所外すと、バッテリーの横に入っている HDDの蓋が取り外せます。蓋を外した後、HDDを少し引っ張り出したらコネクタを外し、HDDを抜き取ります。この HDDには抜き出すためにプラスチックのフィルムが付いているので、このフィルムを無理やり HDDからはがし取り、SSD の同じ位置に貼り付けました。そして HDDの入っていたところに SSDを差し込み、ケーブルをつなぎ、蓋をしてネジ2か所を閉めます。バッテリも取り付け、ノートパソコンを開いて電源を入れます。。。

なんとこれまた拍子抜けするほとカンタンに Windows7 が立ち上がってきました。Windows7 は SSDに変わったことを認識して、AHCI のアップデートも自動的にやってくれます。なので、BIOSの設定を変更するなどの作業は必要ありませんでした。多分 CF-S10 は最初から認識する機能を持っていたのだと思います。ということで、この HDD⇒SSD交換は10分ほどで完了。

いやぁ、こんなに簡単に SSDに交換できるのならもっと早くやっておけばよかったと思うばかりです。これで業務用のパソコンのパフォーマンスは新品そのもの!さぞかし仕事もはかどるか!なんてありえないですね、だって使う人は同じ人(自分) でこの人のパフォーマンスは変わっていないので。(^o^;

さて、SSD に交換したらいくつか Windows の設定を変更することで、SSD をより長く使うことができます。こちらのサイトにとても親切にまとめてあるのでご参考までに:「Windows7におけるSSDの設定方法と最適化」。チェックするポイントは、ファイルインデックスの無効化や Superfetch及び Prefetchの無効化など。もしパソコンに搭載している RAM量が豊富であれば、ページングファイルやハイバネーションをとめることで SSDへの負担を減らすことができると思います。自分の CF-S10 はメモリサイズが 4GB なのでページングファイルは必要ですね。ハイバネーションは必要ないので無効にしました。

ということで、HDD⇒SSD交換、拍子抜けするほどカンタンでした。m(_ _)m

IOデータ LAN DISK XR(HDL-XR)シリーズの容量アップに挑戦


最後にブログを書いてからとんでもなく長い期間があいてしまいました。(^ ^; いろいろと忙しく、ブログを書く余裕(物理的にも気持ち的にも) がありませんでした。あしからず。。。ということで、長い沈黙を破り、久しぶりに書いてみます。前回書いてから、パソコンも Surface Pro 3に換り、環境も大分変化したので、ブログへの書き込みのテストも兼ねて。。。

IOData HDL-XR LAN Disk ということで、この週末に長年使ってきている RAID NASの残り容量が 5%を切ったので、ディスク交換する容量アップのメモです。当初買った時は、500GB×4本の HDL-XR2.0 でしたが、2年ほど前に残容量が少なくなり、1TBの HDDを 4本買ってきて HDL-XR4.0相当にしました。そしてまた残容量が少なくなったので、今度は 2TBの HDDをまた 4本手配して容量アップです。HDL-XRシリーズは今年(2015年)の1月に生産が終了していますが、本体はいたって元気に稼働しているし機能も充実しているので、新たに RAID NASを買い換えるよりも HDL-XR を使い倒したい思いです。

前回 HDDを交換した時は初めてということもあり、試行錯誤を繰り返しましたが、2度目ともなると気持ち的にも余裕 (^ ^;…

まずは定期的に eSATAで 2TBの外付け HDDをつないでバックアップを行っているので、今回も容量アップ作業前にバックアップを実施。XRシリーズは差分バックアップを行ってくれるので、定期的にバックアップを行っていれば、2TBのファイルすべてをコピーするわけではないので、数十分でバックアップは完了。初めてバックアップを実行した時は、バックアップに一晩くらいかかったと思います。

さて、バックアップが終了したら、次は今使っている 4本の HDDを HDL-XRから取り外し、一本ずつ新しい 2TBの HDDにコピーします。HDL-XRシリーズの HDDはカードリッジに入っているので、1台あたり 5本のねじを No.2のプラスドライバで外すと、カートリッジをスライドさせれば HDDを取り出せます。

IOデータが販売している RHDハートリッジハードディスクを購入するという手もありますが、1TBの RHD-1.0Tは 16,800円します。SEAGATE の 1TBの HDDは今日の時点の最安値で6,400円ですから、これを 4本買うことを考えると、自分で容量アップした方がオトクな気がします。ウインク

Century 裸族のお立ち台DJクローンプラスHDDの丸ごとコピーも前回容量アップした時から使っている CENTURYの「裸族のお立ち台DJクローンプラス」で淡々とコピーを実施。1TBの HDD 1本のコピーに 2.5時間ほどかかるので、HDDのコピーだけで日中いっぱいかかります。コピーの進捗を示す LEDをずーっと見守るのもいいですが、別のことをしながら 4本コピーします。朝コピーを始めれば夜には 4本コピーが終わる、といった感じです。

さて、新しい HDDにコピーしただけでは HDL-XRシリーズは増えた容量を認識してくれません。ディスクのパーティション情報を変更する必要があるのですが、以前はパーティション情報を変更するための専用のソフトが必要でしたが、最近では Windowsの標準ソフトで簡単に変更できます。冒頭にも書きましたが、今自分のメインのパソコンは Surface Pro 3 で Windows 8 なので、Windows 8 の「コンピュータの管理」を立ち上げ、「記憶域」にある「ディスクの管理」で変更できます。まずコピーした 2TBの HDDを USB経由で「裸族のお立ち台DJクローンプラス」につなぎ、「コンピュータの管理」を立ち上げます。「ディスクの管理」で HDDを見ると、コピーした 2TBの HDDに「未使用」の領域が表示されるので、「未使用」のすぐ横にあるパーティション(HDL-XRのデータ領域)をマウスで右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択すれば、メニューに沿って数回クリックするだけで容量アップ完了。これを コピーした 4本の HDD全部に行います。

ここまでくれば HDDの準備は完了。コピーした HDDをカートリッジに戻してネジをとめて XRシリーズに差し込み、HDL-XRの電源をオンにします。しばらく緑の LEDが点滅を続け、しばらくすると「ピーポーピーポー」と鳴り出すので、FUNCボタンをポチッを一回押して音を止めます。その後パソコンのブラウザから HDL-XRに接続してアラームを見ると、「RAIDが崩壊しました」という、ドキッとするメッセージが表示されます。HDL-XRシリーズの場合、HDDの容量を増やした時にダイナミックにその変更を認識してくれないので、RAIDを再構築する必要があります。「ディスク設定」のメニューを開き「ボリューム設定」で RAID構成を選択して再構成を実施します。これがまた時間のかかる処理で、2TB×4本の環境だと、一晩でも終わらないと思います。丸一日かかるものと諦めて、終わるまで別のことをしましょう。

再構成が終われば、 HDL-XRは通常の RAID NASとして機能します。あとはバックアップしてあったファイルを HDL-XRに戻すのですが、バックアップを取る時は eSATAで高速にバックアップできても、バックアップしたファイルを戻す時には、パソコンに USB経由でバックアップのある HDDをつなぎ、FastCopy等のツールを使って地道にファイルを HDL-XRに書き戻していきます。2TBのファイルを LAN経由で、それも USB接続された HDDからコピーするのですから、この作業も少なくとも丸一日はかかると覚悟しておく必要があります。

もし今までの HDDを HDL-XRシリーズ専用のフォーマットで使っていた場合には、HDL-XRシリーズの HDDを USBで接続してアクセスするために別途パソコンにドライバが必要になります。IOデータ社のサイトから「LAN DISK Backup Reader」を事前にインストールしておけば、パソコンから普通の外部HDDと同じようにアクセスできます。

ということで、自分の HDL-XRは 2TB×4本で RAID6構成で無事 HDL-XR8.0相当として復活しました。RAID NASを個人で使う場合、HDDが壊れるよりも容量が足りなくなることの方が多いですね。そういう意味では RAID6 でなく RAID5 でもいいのかも。。。

WiDi: コードレスでモニター接続。魅力的だけど。。。


皆さんはゴールデンウィーク、どう過ごされたでしょうか?今日は立夏 (太陽黄経45゚)、旧暦では 4月4日「夏の立つがゆへなり」。暦上は初夏とのことですが、今朝はちょっと肌寒いですね。でも涼しくてすごいやすい。僕は人混みは嫌いなのでゴールデンウィーク中は人が少なく車も少ない都内を楽しんでます。Let’s Enjoy Tokyo のスーパー銭湯特集に刺激され、近所の銭湯巡りを楽しんでます。まだ 1カ所残っているので、そこに行ったらブログにまとめようと思ってます。(^ ^)v▼

さて、最近対応製品が増えてきた WiDi ワイヤレス・ディスプレイ接続。パソコンとテレビ・モニターを 802.11n で接続。ただし著作権保護には対応していないため、地デジや Blu-ray などの映像は表示できません (WiDi 2.0)。VGA や HDMI ケーブルが必要ないのは確かに魅力的ですが、無線であるがために 500m秒から 1秒程度の映像表示の遅延はあるし、冷静に考えると用途はかなり制限されるのでは?文字入力していてこれだけの遅延があったら恐らく使い物にならないし、ゲームにも使えないでしょう。かといってテレパソのテレビ接続に使おうとしても著作権保護に対応していないから使えない。ん~、現時点では自分にはあまり利用価値は高くないですね。著作権保護に対応できたら考えます。m(_ _)m

コレガ、WAN接続を自動化するルーター発売。


週末はポカポカの陽気だったのに昨日は雪の東京。外は寒いし電車の中は暑いし。気管支炎は薬のおかげて落ち着いてきた感じ。咳が止まるといいな。▼

さて、コレガが「つながるポート」機能搭載のブロードバンドルーターを発売。この機能、ルーターを WAN側に接続すると回線種別を自動判定してインターネットに自動で接続してくれるというもの。PPPoE接続などでユーザー名やパスワードの入力が必要な時には、LAN側にパソコンをつなぐと入力画面が表示される模様。さらに VLAN機能も搭載してセキュリティ機能も。面白いですね。インターネットに安全に接続できる機能が充実するのは嬉しいですね。

書き込んだブログが消えます – Windows Live Spaces、3月16日(水)にサービス終了。


WL WP今週 Windows Live チームからサービス終了のお知らせが届きました。昨年後半のアナウンスから半年近くかけてのサービス終了。一旦スタートしたサービスを終了するのは大変な仕事です。新しくサービスを立ち上げるのと同等かそれ以上の労力と精神力が必要になります。ちなみにお知らせによると、3月16日以降は “スペースのコンテンツにアクセスできなくなりますので、それまでに移行の手続きをお取りください。” とのこと。よって終了するまでに気になる Windows Live Spaces 上のブログは手動でダウンロードしておかないとなくなってしまいます。自分のブログは WordPress に移行してますが、師匠のブログなどはダウンロードしておかないと。▽

しかし WordPress に移行してみてその機能の豊富さには満足してます。自分は WordPress に移行して自信を持って使えるようになるまで 2, 3か月かかりましたが。(^ ^; 書き込むツールは Windows Live Writer を使ってます。オフラインで書けるし、Windows Live Sync など使えば自宅のパソコン以外でも書いて保存しておけるので重宝してます。▽

しかしこれで Windows Live を利用する機会は確実に減りますね。残念。。。

危険と背中合わせのWi-Fiタダ乗り。


本日の予想最高気温、東京はなんと 19℃!お花見にもってこいの気温。(^ ^; そして明日の予想最高気温は 9℃。こりゃ体調に気を付けないと。。。▽

先日室外の給湯器が水漏れを起こしているために新しいものに買い替えましたが、新しい給湯器、やかましい。とにかくしゃべる (^ ^;… 設定温度を変えれば「熱湯が出ます」としゃべってくれるし、ご丁寧にお風呂が沸く 5分前にもしゃべって教えてくれます。やかましいと思うのは慣れなんでしょうかね。音声で確認できるのはいいんですけど。▼

さて、思わず「ある、ある」と思ってしまった CNET の記事: 「保護されていない他人のWi-Fi、32%が「借りた」経験あり–Wi-Fi Alliance調べ」。特に出張先でフライトなどを待っている時、思わず周りにつながるアクセスポイントがないか探してしまいます。セキュリティが設定されていない AP に何度つないでしまおうと思ったことか。でも何をされるか分からないと自分に言い聞かせてます。特に米国の空港なんて怖いですよね。自宅の周りにもマンションが多いため、同じ名前で AP がゴロゴロ(^ ^; みんな気が付いてないのかな。なので、うちは基本的に WPA2 プラス Hidden。完璧ではないにしろ、何もしないよりはマシかと。『君子危うきに近寄らず』。ネットの基本です。m(_ _)m

自分のブログのアクセス分析って面白い。


WORDPRESS でブログをやっていると無料で「サイト統計情報」を観られるのが面白い。自分のブログの今週のアクセス数トップは思いがけず LinkStation の HDD を自分で交換したときのブログ。今週だけでなく、自分のブログ全体で常に上位に出てくるのは興味深い (^ ^; ちなみに今週の他のアクセス数が多かったブログは Android のユニバーサル リモコン、WORDPRESS について書いたもの、HDMI1.4a など。リファラは mixi、luna.tv、goo、last.fm が多いですね。検索キーワードは「まなか」がトップ。どういう経緯でこのキーワードで検索してくるのだろう。(^ ^; 他にはやっぱり LinkStation や HDMI1.4a での検索が多し。ゴールドウィン ファミリーセールも結構検索されてる。しかし WORDPRESS、面白い!

コーデックにまつわるPolitics – 互換性の維持は難しい。


ここまで雪が積もるとは思わなかった。でもそれ以上に驚いたのは、これだけ雪が降っても東京の公共手段がほぼすべて運行されていること。出勤時に転ばないように気を付けようっと。▼

さて、インターネットの世界を中心に今後の映像コーデックについて熱い議論が続いています。インターネットを介して接続される様々な機器に対して共通の仕組みを提供しようとするグループと、今までの互換性やビジネスを維持していこうとするグループ。もちろんこんな一言で語れるほど簡単な話ではないですが、デジタルの世界において変化の影響を一番受けるのは利用者。コーデックが変われば保持していたデジタル コンテンツ (楽曲や映像、写真、書籍など) はフォーマットの変換を行うか、再度購入し直すかしなければ利用できなくなる。もちろん最近は毎月定額を支払うことでコンテンツを利用できるようにするサブスクリプション モデルもありますが、根本的にいつでもどこでもコンテンツを利用したいという要求を完璧に満たすことはできてません。理想はコーデックを何にするかではなく、あらゆるコンテンツをコーデックを気にすることなく利用できることですよね。

WORDPRESS – 最強(?)のブログツール


WordPress.com某サイトがブログ サービスを停止するのに伴い、仕方なく無料の WORDPRESS サービスを使い始めて 3か月強。最近は WORDPRESS にしてくれてよかったと思うようになりました。以前から非常に強力なツールであることは知っていましたが、自分のドメインもあるしブログそのものに余り力を入れていなかったというのが正直なところ。しかし使ってみて自分がやりたいと思うことは様々な形で実現できることがわかり、今では最強(?) のブログツールだとさえ思います。Webページ エディタで自分の Webページを管理するのがつまらなく思える。ということで、最近は WORDPRESS の自分のページをインターネット上のホームページと位置付けてます。まだまだ初心者ですが、ある程度は使いこなせるように努力してみます。WORDPRESS の魅力は、最初は無料の WORDPRESS のサイトでブログをはじめ、将来的には自分のサーバーを立てて運用までを同じツールで構築できること。恐るべし、WORDPRESS。▼

ちなみに自分で WORDPRESS のサーバーを立ち上げるのであればこちらのサイトが便利。