映像・動画のネット配信のビジネスモデル@TV Summit。


週末は久しぶりに海へ。湿度も低くお昼近くになっても富士山が見えたのはこの時期では初めてかも。安定した南南西の風でとてもさわやか。ただお昼過ぎからは風が上がってきたので早めにマリーナに戻りました。さわやかに楽しめるのも梅雨までの短い期間かと思われるので、うまく時間を調整しなければ。。。▼

さて、ちょっと前に米国の映像・動画のネット配信に関して興味深い記事がありました (“ネット配信動画のビジネス・モデルがまだ見えていない」,米大手テレビ局の幹部”、日経BP)。ケーブルTV が普及している米国特有の問題と一言では片付けられない悩ましい問題。この記事を読んで思ったのは、既存のビジネスモデルにこだわっていては未来は見えてこないということ。しかし米国では手のひらを返したような展開もよくある話なので、今後の動きには注目。ちなみに日本国内のメジャーな動画配信サービスはこちら。▽

映像・動画のネット配信が注目されるようになってもうしばらく経ちますが、いまだにビジネスモデルが確立していません。これだけ注目されているのに不思議に思えるかも知れませんが、実は映像・動画配信だけでなく、ケータイをターゲットにしたビジネスなども今一つビジネスモデルが確立できていません。利権の問題、ユーザー インターフェースの問題、ユーザー シナリオの問題などそれぞれ理由は異なりますが、新しい技術をどう応用するか、もう一段階ブレークスルーが必要と考えています。このような状況を湖にいる白鳥に例えることがあります。見た目は美しいですが、水面下では脚を動かしていなければ餌にありつけない、つまり生きていけない。月並みではありますが、鍵は利用者ですね。どんなに素晴らしい技術であっても使われなくては何の意味もない。

紹介 まなか
https://manakas.wordpress.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。